元カレの気持ちを占いで知りたい!と思う理由と行動の仕方

あなたは見逃してない?職場恋愛のキッカケやアプローチの仕方

「恋愛の出会いが全然ない。」
「気になる人がいるけど職場の人で、いろいろと気にして踏み切れない」
「職場恋愛って本当にあるの?」

なんてお悩みのあなた!

今回は職場恋愛のキッカケについて、恋愛マスターが揃うラフェア編集部が、

 

  • 職場恋愛のキッカケになる出来事とは?
  • 職場恋愛でアプローチする方法5つ

といった点から、どこよりも分かりやすく解説。

これを読んだらあなたも職場で恋愛が始まってしまうかも⁉︎

職場恋愛のキッカケになる出来事とは?

まずははここから!社内恋愛のキッカケとなる出来事を5つ紹介していきます。

どんな恋愛にも必ず「キッカケ」があります。

なかでも、職場恋愛は、気になる相手が近くで働いているため、キッカケがつくりやすい環境といえるかもしれません。

では、具体的にどのようなことがキッカケになりうるんでしょうか。さっそく見ていきましょう。

職場恋愛のキッカケ①:社内旅行

社内旅行がある場合は、恋愛のキッカケをたくさんつくることができる絶好の機会かもしれません。

例えば、一緒に観光先をまわったり、食事を楽しんだり、レジャーを楽しんだり、ホテルでゆっくりしたり…

同じ時間を楽しむことができれば、2人の距離もグッと縮まるはず。

もし2人きりになれなくても、タイミングをつかんで、1回でも2人きりになる瞬間を作ると、それが恋愛のキッカケになることもあるかもしれません。

職場恋愛のキッカケ②:飲み会の帰りで2人になる

会社の飲み会の帰りに2人きりになる。そうなったらチャンスかもしれません。

飲み会であったことや面白かったことなど、話す話題はたくさんあります。解散後は、ホッと一息つけるタイミングでもあるので、今日あったことを共有すれば距離も縮まるかも。

もし時間や余力が残っていれば、2人で2件目の居酒屋に入ってみるのも手です。お互いのことを聞けるいい機会となるでしょう。

職場恋愛のキッカケ③:プライベートの連絡先を知った

メールやLINEなどの連絡先を知ったことがキッカケで、仲良くなることもあります。

連絡先を知る理由はなんでもいいのです。とにかく、プライベートの連絡先を交換することが大事です。

連絡先を知れば、2人だけの会話の空間を作ることができます。職場とはまた違う、ラフな雰囲気でやり取りすることが出来るようになります。

職場とは違うお互いの素の性格が垣間見えるため、このやり取りがキッカケで良い関係に発展するかもしれません。

職場恋愛のキッカケ④:自分だけにお土産をくれた

「お土産買ったんだけど、他の同僚には秘密ね。」

自分ひとりだけにプレゼントをくれることがあれば、相手が少なからずあなたに親近感をもってくれている可能性があります。

プレゼントというものはもらったら嬉しいもので、印象にも残りやすいです。

その後、今度はあなたががお返しをすれば、相手も嬉しく思うはず。さらに2人の関係はぐっと近くなるはずです。

職場恋愛のキッカケ⑤:2人きりで残業した

気づいたら会社に残っているのは2人だけ…そんなこともあるかもしれません。これは絶好の機会といえます。

一緒に仕事を頑張っている人がいれば力をもらえるもの。お互いがお互いに良い効果をもたらしやすいと言えます。

他の人がいると話しづらいようなことや、お互いの仕事についてなども、2人きりの方が話しやすいと思います。

この機会に「疲れましたね」なんて共感したりして、会話してみるのもよいキッカケになると思います。

仕事に支障がでない程度に会話を重ねてみましょう。

職場恋愛でアプローチする方法5つ

職場恋愛のキッカケとなりうる出来事を紹介しました。

しかし、絶好の機会をただ待つばかりではいけません。勇気を出してあなたからアプローチすることも大事になってきます。

そこで次は、職場恋愛でのアプローチ方法を5つ紹介していきます。

毎日挨拶する

恋愛に関わらず、他者とコミュニケーションにおいて重要なのが「挨拶」です。

例えば、気になる人が別部署だった場合でも、すれ違った時には、笑顔できちんと挨拶しましょう。

「本当にこれだけで恋愛に発展するの?」と疑問に思う方も多いと思います。しかし、毎日続けていけば、相手に良い印象を抱かせる可能性が高くなります。

例えば、いざ会話する時になっても、普段からあなたの明るい挨拶を見ているため、相手はあなたに親近感をもって接してくれるはずです。

つまり、ただ挨拶するだけではだめなんです。清潔感のある服装で、自然な笑顔で臨んだほうが良い印象を残しやすいといえるでしょう。

ランチに誘う

あなたからランチに誘ってみましょう。

勇気のいることかもしれませんが、そんな時は色んな理由をつけて誘ってみましょう。

「近くの新しくできたレストランが気になるから」「いつも一緒に食べてる人がランチに来れないから」「仕事の○○について聞きたいことがあるから」など。

もちろん「前から話したかった」と直球で言うのもありです。とにかく2人でランチをとる機会をつくることからはじめてみましょう。

仕事を手伝う

気になる相手の仕事を手伝って、相手にあなたの印象を残しましょう。

一緒に仕事をすれば手伝っている間、同じ空間にいることができます。その間にキッカケをつかむこともできますし、相手から感謝されるため、あなたを見る目が変わるはず。

これがキッカケで、今度は相手の方からあなたを手伝ってくれることもあるかもしれません。仕事上でも恋愛上でも得できるかもしれませんね。

悩みを聞く

もし、相手が浮かない顔をしていたら、何かあったのか聞いてみてください。

あなたがアドバイスできそうな悩みをもっていたら、親身になって聞いてあげましょう。

悩みをだれかに話すだけでも、良いストレス発散になるもの。まずは話を「聞いてあげる」ことを意識しましょう。

もしアドバイスや手伝えることがありそうなら、積極的に行うようにしましょう。

自分の連絡先を教える

なかなか職場で積極的なアプローチが出来ない…そんな時は、こちらから連絡先を教えてしまいましょう。

面と向かって話すよりも、文面の方が緊張せずに済みますよね。

職場では時間がなくてアプローチできないという方も、この方法が一番手っ取り早いかもしれません。

仕事の緊張から解かれた中で、2人だけの会話を広げてみてください。