男性が「抱きたい女」を徹底解説!これで気になる男もイチコロ!

「今夜は気になる彼とデートだから魅力的だと思われたい!」
「最近彼から迫られないけど私魅力ないのかな…?」
「女だけどやっぱり好きな人からは迫られたい!」

なんてお悩みのあなた!

今回は男性が女性を抱きたい!と思う心理について、恋愛マスターが揃うラフェア編集部が、

 

  • 抱きたいと思った時の男性の心理とは?
  • どのような女性を「抱きたい」と思うのか?
  • 抱きたい女性にとる男性の行動とは?
  • もう一度「抱きたい」と思われる女性の特徴は?
  • 「抱きたい」=「魅力的な女性」?

といった点から、どこよりも分かりやすく解説。

これを知らないと気になる彼とのせっかくのチャンスを逃しちゃうかも?

抱きたいと思った時の男性の心理状況は?

「この女をぜひとも抱きたい!」と思った時の男性の心理、なかなか分かりませんよね?

男性の心理状況は、女性に比べて肉体的な欲求が強いのが特徴です。人によって差はあるものの、子孫を残したい本能から、魅力的な女性を見かけた時点で「とりあえず抱きたい」と考えます。

だからといって、全く恋愛感情がないわけではなく、女性にとっては摩訶不思議です。

女性を自分のモノにしたいから

オスにとっては、メスを征服することが至上の喜びです。ゆえに、男性は女性を自分のものにするため、マーキングの意味で抱きたいと思います。

狙っている女性が自分の好みのタイプで恋愛感情が強いと、この理由になります。

男性は、他のオスに奪われる前に「この女は自分のものだ!」と主張したがることを覚えておきましょう。

女性に好きになってもらいたいから

男性が相手に自分のことを好きになってもらいたくて、抱きたいと思うケースもあります。

どちらかといえば、自分に自信がない男性や諦めが悪い男性の心理状況で、「1回抱いてしまえば好きになってくれるのでは?」というネガティブな考え方です。

好みではない男性に狙われた女性側からすれば災難でしかなく、時にはしつこく付きまとわれる恐れがあるので、慎重に対応しなければいけません。

女性のことをもっと知りたいから

女性のことを深く知るために、抱きたいと思うのは、自然なことです。

男性には、女性と縁がないまま人生を送ってきた人が大勢います。彼らはとにかく女性のことを知りたい、経験したいと切実な願いを抱いているのです。

未経験とは真逆の、「清楚で大人しい女性が乱れる様を見たい」などの心理状況も、男性が女性を抱きたいと思うトリガーですね。

寂しさを紛らわせたいから

やることがなくて暇、1人で寂しいから女性を抱きたいと思うのも、男性によくある心理状況です。

女性の肌に触れることは、男性にとって寂しい気持ちを紛らわせる方法にもなっています。

この場合は添い寝をするだけで良いパターンもあるので、その男性が寂しがっているのかどうかを見極めることが大事ですよ。

無性にただただ抱きたいから

しばらく女性と接しておらず、無性にただただ抱きたい時にも、男性は強く女を求めます。

自分がスッキリするのが主目的で、すぐに抱けるなら誰でも良いぐらいの心理状況ですね。

女性にはあまりピンとこない話ですが、男性は長期的に抜いていない状況では悶々とします。その鬱屈は外に出してスッキリするまで続き、普段なら相手にしないタイプの女性にまで手を出しかねません。

抱きたい女性はどのような女性か

とはいえ魅力的な男性にはあわよくば抱かれたいのも女性の本音。

そんな時は男性が抱きたい女性の特徴を知っておくと、ぜひ親しくなりたい時に役立ちます。

女性から見て魅力的な女性が該当するとは限らないので、男性のよくある心理をそのまま覚えておきましょう。

常に男性に媚びる必要はありませんが、勝負所で上手く演じると絶好のタイミングで意中の男性と仲良くなれますよ。

抱きたい女性の特徴①:笑顔が魅力的な女性

人間の第一印象は表情で決まるから、笑顔が魅力的な女性はよく言い寄られます。

「抱きたい女」と男性の間で評判になるタイプの1つが、印象に残る笑顔です。魅力的な笑顔は練習によって身につけられるので、たまには鏡の前で笑顔を作ってみてはいかがでしょうか?

男性をしっかり見るのが怖い方もいると思いますが、相手の顔をちゃんと見て微笑むことはとても大切です。

抱きたい女性の特徴②:セクシーな服装をしている

セクシーな服装をしている女性は、周囲にいる男性の欲望を刺激します。

抱きたい女性になるためのストレートな手段だから、時と場所をよくわきまえることが必須です。

日常的にきわどいデザインの衣装で頑張ってみたら、「抱きたい女がいる」と望まない男性たちからナンパされるなどの事態もあり得ます。

抱きたい女性の特徴③:積極的にボディタッチをしてくる

男性は、積極的にボディタッチをしてくる女性を意識します。

自分に気を許していることがボディタッチで分かるから、奥手の男性でも「抱きたい女性だ」と考える傾向ですね。付き合っておらず、特に関心がない男性へのボディタッチは、誤解を招くので避けた方が良いでしょう。

男性の心理として「このまま今夜やれるかも?」となり、強引にどこかの部屋に連れ込まれる危険があります。

抱きたい女性の特徴④:男性をいじるのが上手な小悪魔な女性

思わせぶりな発言や、肌を多く露出する女性は、男性からモテます。

女性からは「あざとい」と思われやすい行動ですが、これこそ男性が抱きたい女そのものです。他の女性から反感を持たれやすく、上手く立ち回ることが重要です。

男性をいじるのが上手な小悪魔な女性は周囲の男性を自分が望むように動かせますが、やりすぎると反動が出るので注意しましょう。

抱きたい女性の特徴⑤:何より顔、容姿がタイプ

男性は、基本的に自分のイメージに近いタイプの女性を追いかけます。

何より顔、容姿がタイプだったら、抱きたい女性として殿堂入りです。即座にアタックしなくても、相手の素性や連絡先を押さえて、ベッドインするまで根気強く相手に近づきます。

あくまでもその男性の好みのタイプであることが問題だから、美人だから求められる図式が成り立たない場合もあります。

抱きたい時に男性はどのような行動をする?

では、目の前に抱きたいと思える女が現れた時に、男性はどのような行動をするのでしょうか?

相手の男性が自分のことをどのように考えているのかを推し量るには、その行動をチェックするのが良策ですよ。

意図しないアタックならば相手を怒らせないうちに早期の撤退、逆に望むところであれば控えめに受け入れると、上手くいきます。

「抱きたい女」への行動①:会話を盛り上げて楽しませてくれる

すぐにでも抱きたい女性が現れたら、多くの男性が接待モードに入ります。

とりあえず口説けそうな女を気分良くさせるケースもあるので、ちやほやされたからと簡単に心を開くのはちょっと迂闊かもしれません。

ともあれ、男性が完全に対象外の女性に対して会話を盛り上げることはなく、冷たく対応されるよりは遥かにマシですね。

「抱きたい女」への行動②:とにかく褒めちぎる

抱きたい女を口説く方法は、相手を褒めちぎることです。女性にとっては分かっていても悪い気にならないので、昔から男性の間で受け継がれてきた奥義とも言えますね。

いったん落としてから上げる等のテクニックを駆使されると、どの女性でも心を揺さぶられます。

不自然に褒めちぎってくる男性がいたら、「あ、この人、私を狙っているのだな・・・」と考えても、まず間違いありません。

「抱きたい女」への行動③:ボディタッチをさりげなくしてくる

男性からボディタッチをさり気なくしてくるケースは、かなり脈があると確信した後の行動です。もしくは、ぜんぜん女に慣れていない可能性もあります。

いずれにしても、その後の全てをさらけ出す時間を意識している点は共通しています。

直接触ってくるのは、服の上からであろうともストレートなお誘いです。何も反応をしないと、相手の視点では「抱きたい女がOKした」となる点に気をつけましょう。

「抱きたい女」への行動④:帰そうとしない

これから個室でゆっくり楽しみたい、そんな抱きたい女がいたら、終電が近くても帰さないのが普通です。

プレイボーイであるほど巧妙に誘ってくるので、気がついたらホテルのベッドの上というドラマみたいな展開もありますね。

男女の出会いでは引き際をどうするのかが肝心で、帰る素振りを見せると男性の本音がかなり露骨に出ます。

「抱きたい女」への行動⑤:軽い下ネタを言ってくる

女性は基本的に下ネタを好まず、それにまんざらでもなく応じることは相手への好感度の高さを示しています。

そのため、男性が抱きたい女の本音を確かめるために、軽いジャブとして下ネタを振ってくることが日常茶飯事です。

たまに女性の気持ちを考えずに下ネタを連発する、小学生レベルの男性もいますが、そういう時は優しく嗜めておきましょう。

もう一度抱きたいと思われる女性の特徴

大部分の男性は、1回女を抱いたことで満足します。したがって、同じ女性をもう一度抱きたいと思うことには、よっぽどの理由があるのです。

もう一度抱きたいと思われる女性の特徴は、大きく分けて2つあります。

身体が魅力的だったか、精神的に満たされたか、そのどちらも男性にとっては見逃せない要素です。

もう一度「抱きたい女」の特徴①:身体の相性が合う女性

男女の身体の相性は、大昔から考えられてきた永遠のテーマです。プレイの内容はネットでいくらでも漁れますが、男女がお互いに必要とする剣と鞘の対になることは滅多にありません。

俗な言い方では「何度でも抱きたいほど具合が良い」という表現で、フェチなら部分的に気に入るパターンも見られます。

あまり男性経験がない女性には判断しにくいものの、自分と相手の身体の相性は気にしておくべき項目です。

もう一度「抱きたい女」の特徴②:恋愛対象になったから

惚れた女を自分のものにしたいのが、男の甲斐性です。

抱いた後に告白をするのは順序が逆ですが、そういうことも世の中にはあります。でも、ちゃんと告白して関係を深め、頃合いを見計らって誘うのが一般的です。

純粋に恋愛対象に昇格したのか、それとも、いつでも自分専用で抱きたいから恋愛で縛り付けたいのかは、判断しづらいですね。

抱きたいと思われる女性は魅力的な女性ということ!

多くの男性から「抱きたい」と思われる女性は、傍から見てすぐに分かるぐらいの魅力を持っています。

普段は地味だがベッドの上では凄いタイプはフィクションの中にしかおらず、男性が抱きたいと思う女は常にオーラを纏っているのです。

女としての魅力を磨きながらも、男性を誘う仕草などを理解して、自分の目の前にきたチャンスを逃さないように心がけましょう。