水瓶座男性の恋愛の仕方と性格や人柄について

恋人ルールとは?ルールの例6選と注意点や喧嘩した時のルール5つ

「恋人とのルールってどんなもの?」

「これって、ルール違反じゃない?」

「恋が長続きするためのルールを知りたい。」

なんてお悩みのあなた!

今回は恋人ルールとは?ルールの例6選と注意点や喧嘩した時のルール5つについて、恋愛マスターが揃うラフェア編集部が、

 

  • 付き合う時の恋人ルールの例6選
  • 恋人ルールを決めるときの注意点6つ
  • 受験するときの恋人ルール5つ
  • 絶対決めておくべき喧嘩したときの恋人ルール5つ

といった点から、どこよりも分かりやすく解説。

あなたの恋の行方も、恋人とのルール次第かも!?

恋人ルールってどんなものがある?付き合う時の恋人ルールの例を解説     

恋人ルールとはどんなものがあるのでしょうか。

お互い忙しい場合は、月1回はデートする、1日1回はLINEをするなど自然消滅しないルールにするのが良いでしょう。

逆に、1人の時間を大切にするルールを決めるのも長続きのポイントです。

様々な恋人ルールをご紹介しますので見てみてくださいね。

電話やLINEの頻度を決める

電話やLINEの頻度を決めるのもおすすめの方法です。

お互い忙しくてなかなか会えないと、自然消滅してしまいそうで不安ですよね。

私も遊ぶ時間が取れない時期は恋人と毎日LINEでやりとりをしていました。

1日1回は電話かLINEをするなどルールを決めると、会えなくても長続きするでしょう。

異性と話しても怒らない

異性と話しても怒らないというルールは大切です。

仕事などの付き合いで、彼氏以外の男性と話すことはありますよね。

しかし、プライベートな時間に会うことになると、浮気を疑われるなどトラブルになりがちです。

事前に会わないといけない理由を伝えておくと、お互い安心できるでしょう。

月に何回会うか決める

お互いデートに誘う勇気がない場合や忙しい場合は会う頻度が少なくなりがちですよね。

私もなかなか会えないことがあったので、「月1回は金曜日に一緒に食事しよう!」という約束をしていました。

距離が縮まると、ルールを決めなくても自然にデートに誘いやすくなります。

付き合いたての頃だけのルールにしても良いでしょう。

デートの回数を決める

デートらしいデートを2ヶ月に1回はするなどルールを決めておくことも大切です。

お互い忙しいと2人だけの時間をじっくり取れないですよね。

ラブラブカップルでいるためには、デートは大切です。

忙しい時期はご飯を食べに行くだけというデートでも良いですが、夜景を見に行ったりプチ旅行に行ったりするなど恋人らしいデートもしたいですね。

お互い一人の時間を大切にする

お互い一人の時間を大切にするというルールも必要です。

大好きな恋人とはずっと一緒にいたいという気持ちがありますよね。

しかし、1人の時間がないと疲れてしまいます。

「1人になりたい」となかなか言えない人もいるので、事前に一緒にいる時間とそうでない時間を決めておくのが良いでしょう。

交換日記をつけてみる

交換日記をつけてみるのも一つの方法です。

LINEを使うことが多くなっているので、あまり交換日記をつける人は少ないですよね。

私も最近はしてないですが、以前交換日記をつけていたことがあります。

普段は自分の想いを伝えることはないですが、交換日記をすると自然にお互い気持ちを伝えられるでしょう。

恋人ルールを決めるときの注意点

恋人ルールを決めたいけれど、どのようなことに気をつけるべきか知りたいという方がいるのではないでしょうか。

ルールを決めるのはお互い気持ちよく付き合うために大切ですが、縛りすぎるとストレスになります。

お互い納得した上で決めましょう。

恋人ルールを決めるときの注意点をご紹介しますので見てみてくださいね。

縛りすぎない

縛りすぎないというのはとても大切です。

ルールを守れないことが原因で喧嘩になってしまったら元も子もないですよね。

恋人ルールは末永く仲良くするためのものという意識が大切でしょう。

「毎日LINEするルールだけど疲れているときは大丈夫だよ!」などと気遣うのもラブラブカップルの秘訣です。

自分のことばかり考えない

恋人ルールを決めるときはどうしても自分基準で考えがちですよね。

しかし、相手の考えをしっかり聞くことが大切です。

例えば、週1回はデートしたい!という気持ちがあったとしても、相手は忙しくて負担になるかもしれません。

LINEは毎日して、1ヶ月に1回は会おうね!などとお互い無理のないルールを決めましょう。

必ずお互いが納得できるようにする

必ずお互いが納得できるようにするのも大切です。

納得できないルールを決められると反論したくなりますよね。

例えば、異性とは合わないというルールを決めたくても、相手にとってはそれは無理!ということもあります。

お互い話し合ってルールを決めると、トラブルなく仲良くできるでしょう。

恋人ルールはアップデートすることが大事

恋人ルールはアップデートすることが大事です。

ルールを決めても、実際に実践してみるとうまくいかないことがありますよね。

ルールを決めたから!と縛られるとお互い疲れてしまうでしょう。

お互いじっくり話し合いながら、改善していくことが大切です。

言いたいことを言える関係が良いですね。

ルールに囚われすぎないこと

ルールに囚われすぎないことはとても大切です。

仲良くするためにルールがあるのは良いですが、縛られすぎるのはストレスになります。

私は「忙しいときは無理だけどできれば月1回はデートしようね!」というルールを決めたことがあります。

このようなゆるめのルールを作って、デートに誘う口実にするのもありですよ。

罰はなしにする

ルールを破ったらと言って、罰を決めるのはやめましょう。

罰を決めるとお互いストレスになって、別れる原因になるケースもあります。

約束破ったらキスしてあげないよ!という可愛い罰なら良いかもしれませんが、厳しい罰はお互い負担になるでしょう。

じっくり話し合うことが大切です。

受験するときの恋人ルール

復縁のおまじないで今日からでも実践できるもの

受験と恋愛の両立は難しいですよね。

受験前で勉強しなければという気持ちと恋人との時間を大切にしたいという気持ちの葛藤があるでしょう。

しかし、受験は将来がかかっているので勉強を優先できるようなルールを決めておくことが大切です。

受験前の恋人ルールをいくつかご紹介しますので見てみてくださいね。

勉強時間を最優先にする

受験前に恋人ができると、一緒にいる時間を作りたいと思いますよね。

しかし、受験前は勉強を最優先すべきです。

息抜き程度にデートするのは良いですが、デートメインになるのは良くないでしょう。

受験前に焦ってお互いイライラしてしまい、別れるというのはあるあるです。

受験が終わってからのデート計画を立てると楽しみが増えますよ。

会う日にちを決めておく

会う日にちを決めておくのも、受験前に恋愛と勉強を両立するのに効果的です。

「○日に会おうね!」や「テストの翌日気分転換に映画見に行こう!」などと決めておくと勉強に集中できます。

ご褒美に恋人とデートするのは素敵ですね。

オンオフの切り替えをきちんとすることで受験と恋愛の両立ができますよ。

一旦距離をおく

勉強に集中したいと思ったら、一旦距離をおくのが良いでしょう。

受験が終わるまでは連絡を取るのをやめて、終わったら一緒に旅行に行こう!などと約束を決めておくと楽しみができます。

中途半端に付き合っていると相手からの連絡が気になりますが、距離を置くと決めると気が散ることもないですよ。

なるべく一緒に勉強しない

勉強するときに恋人がいると、なかなか集中できないですよね。

なるべく一緒に勉強しないのが良いでしょう。

私も好きな人と一緒に勉強をしたことがありますが、話したいという誘惑があり集中できませんでした。

図書館など同じ空間で勉強するのはありですが、隣に座って勉強するのは良くないでしょう。

テストや模試の後の復習は一緒にやってもOK

テストや模試の後の復習は一緒にやってもOKです。

普段の勉強を一緒にするのは、気が散るのでよくないですが、テストの復習は2人の方が効率的でしょう。

間違えたところを教え合うのも良いですね。

しかし、長時間一緒にいるとどうしても無駄話をしてしまうので、時間を決めて勉強するのが大切です。

絶対決めておこう!喧嘩したときの恋人ルール

恋人と喧嘩して悩んでいる方がいるのではないでしょうか。

喧嘩するほど仲が良いとも言われますが、頻繁に喧嘩するとストレスになるでしょう。

喧嘩が別れる原因になるケースもあるので、事前に喧嘩したときのルールを決めておくことが大切です。

いくつかご紹介しますので見てみてくださいね。

「はいどうぞ」のおまじない

頻繁に喧嘩をしてしまうという方は「はいどうぞ」のおまじないを決めておくのもありです。

「はいどうぞ」と言ったら「愛してる」と言うルールにしておくのです。

どのような言葉にするかは自由ですが、喧嘩したときや機嫌が悪い時の仲直り法を事前に決めておくとすぐに笑顔になれるでしょう。

24時間以内に解決する

24時間以内に解決するというルールにしておくと絶交することがないでしょう。

どんなに喧嘩が長引いたとしても、24時間以内には仲直りしようね!と約束しておくのです。

喧嘩して話しかけにくい時に、「そういえば24時間以内に解決する約束してたね。」と相手に話しかけやすいですよ。

無視はしないようにする

無視はしないようにするというルールも大切です。

無視するとお互い話しかけにくくなりますよね。

仲直りしたいけれど、無視されたらどうしようという不安な気持ちで話しかけられないというのはあるあるです。

喧嘩しても無視しないというルールにしておけば、万一喧嘩しても仲直りしやすいです。

必ず話し合いをする

喧嘩をしたときは必ず話し合いをするようにしましょう。

ちょっとしたすれ違いが原因で喧嘩になっていることはよくあります。

その場合は話し合うことですんなり解決するのです。

感情が爆発しているときはお互い冷静になれないので、落ち着いてからじっくり話し合うのが良いですね。

同じ喧嘩をしないようにする

同じ喧嘩をしないようにするのも大切です。

特に頻繁に喧嘩をしてしまう方は、何かしら原因があるはずです。

その原因を一緒に考え、同じ喧嘩をしないようにすることで、次第に喧嘩が減っていきますよ。

溜め込むよりもお互い言いたいことを伝え、一つずつ解決することで、末永く仲良くできるのです。