キスマークの付け方のコツと付ける際の注意点|消し方もご紹介!

「ドラマや映画で憧れるキスマークをつけたい!」
「でもいざ付けるときにできなかったら恥ずかしい…。」
「キスマークのつけ方ってどうやるの?」

なんてお悩みのあなた!

今回はキスマークの付け方について、恋愛マスターが揃うラフェア編集部が、

 

  • キスマークを上手に付けるコツ5つ
  • キスマークを付ける際の注意点
  • ちゃんと知ってる?キスマークの消し方

といった点から、どこよりも分かりやすく解説。

これを知っていれば、憧れの映画やドラマのワンシーンのような夜を過ごせるかも?

キスマークを上手に付ける5つのコツ  

キスマークがなかなか付かず、上手に付ける方法を知りたいという方がいるのではないでしょうか。

肌を舐めて濡らしておく、口の開き具合は小さめにするなどキスマークを上手に付けるためにはポイントがあります。

キスマークを上手に付ける5つのコツをご紹介しますので見てみてくださいね。

キスのテクニック7選|相手をメロメロにするキスのテクと注意点を知りたい方はこちら!

キスマークのコツ1:知ってた?肌を舐めて濡らしておく

キスマークを上手に付けるには肌を舐めて濡らしておくのが大切です。

キスマークを付けようと思いっきり吸ってしまうと空気が入り、うまくいきません。

肌を舐めて濡らしておくことで空気が入りにくくなるのです。

相手の肌を舐めるのに抵抗がある場合は、水で軽く濡らすのもありでしょう。

キスマークのコツ2:口の開き具合は小さめがベスト!

口の開き具合は小さめがベストです。

キスマークをくっきり付けるには吸う力がとても大事です。

口の開き具合を小さめにして範囲を狭めて吸うことで、力が強くなり、キスマークをつけやすくなります。

中には男性の肌に大きなキスマークをつけたいという方もいますが、なかなかできない場合は一点集中型が良いですよ。

キスマークのコツ3:一度ではなく何度も吸い付いてくのが鍵

一度ではなく何度も吸い付いてくのが鍵です。

なかなかキスマークが付かないと、あきらめかけてしまいますよね。

しかし、あきらめずに何度も吸い付いていくことでキスマークができることがあるのです。

何度もチャレンジする場合は場所を変えないようにしましょう。

決めた場所を狙い続けるのがコツですよ。

キスマークのコツ4:力の弱い女性必見!軽く噛みながら吸う

軽く噛みながら吸うのは力の弱い女性におすすめです。

何度チャレンジしてもキスマークを付けられないという方もいますよね。

「キスマークとか私には絶対無理!」と思っている人もいるでしょう。

その場合は軽く噛みながら吸ってみましょう。

強く噛みすぎると「痛い!」と拒否られるので注意してくださいね。

キスマークのコツ5:簡単!皮膚が薄い場所に付ける

皮膚が薄い場所の方がキスマークを付けやすいです。

皮膚が厚い部分はどんなに頑張ってもキスマークが付きにくいのです。

二の腕や首筋は皮膚が薄くてキスマークが付きやすいですよ。

キスマークは見えないところに付けたい!という方は二の腕の内側が狙い目です。

目立ちにくいですよ。

 

キスのテクニック7選|相手をメロメロにするキスのテクと注意点を知りたい方はこちら!

キスマークを付ける際の注意点は?

キスマークを付ける際の注意点をご紹介します。

付け方を間違えると、相手に不快な思いをさせてしまうのです。

相手が痛みを感じないようにする、キスマークを見えない部分に付けるなど相手のことを思いやる気持ちが大切です。

キスマークを付ける際の注意点が気になる方は見てみてくださいね。

キスマークの注意点1:痛い!強く吸い付くのは危険

キスマークを付けることにこだわりすぎて強く吸い付くのは危険です。

彼女から強く吸い付かれると男性はびっくりしてトラウマになってしまうでしょう。

キスマークを付ける際は相手に痛みを与えないことを最優先することが大切です。

痛みが強いとそれ以降キスをさせてくれなくなることもあるのです。

キスマークの注意点2:キスマークは見えない部分に付ける

お互いに恥ずかしいという心理状態になるケースがあるので、キスマークは見えない部分に付けましょう。

周りからキスマークが付いていることをセックスと解釈された人がいました。

変な目で見られると嫌な気持ちになりますよね。

キスマークは2人だけの愛情の証という認識で見えない部分にこっそり付けましょう。

キスマークの消し方

キスマークを付けてしまったけど消したいという方もいますよね。

キスマークは内出血により付いているので血行を促進するのが効果的です。

また、時間がないときはとりあえず隠すという応急処置も可能です。

キスマークを消す裏技をご紹介しますので、困っている方はぜひ見てみてくださいね。

必見裏技!歯ブラシで血行促進する

歯ブラシで血行促進するというのはキスマークを消す裏技です。

歯ブラシを使ってキスマークを軽くこすってみましょう。

強い力でゴシゴシこすると皮膚が傷つくので注意が必要です。

軽くマッサージするイメージでこすってみると血行が程よく促進し、キスマークが次第に薄くなりますよ。

ビタミン効果!レモンでキスマークを消す

レモンでキスマークを消すという方法もあります。

レモン果汁をキスマークに塗ったり、スライスして貼ったりするとキスマークが消えやすいのです。

キスマークは内出血が原因でできますが、レモンで血行を促進するのは良いですよ。

しかし、長時間レモンを当てるのでヒリヒリする人もいます。

最終兵器!コンシーラーで隠す

最終手段はコンシーラーで隠すことです。

キスマークが目立つ部分についてしまいやばい!と思ったことのある方がいるのではないでしょうか。

急いで職場に行かないといけないときはゆっくり消す時間がないですよね。

コンシーラーで必死にキスマークを隠して出勤している人がいました。

不自然に見えないよう周りにもしっかり塗ることが大切です。