辰年の相性とは?性格や人柄そして恋愛傾向

辰年の相性とは?性格や人柄そして恋愛傾向を徹底分析!

辰年の相性や人柄や性格、そして恋愛傾向について占っていきましょう。辰年は昭和63年生まれ、平成12年生まれの人です。辰年と聞くと、とても強そうなイメージを持つ人は多いのではないでしょうか。

では辰年の相性と性格や人柄、更には恋愛傾向についても見ていきましょう。

 

  • 辰年の性格について
  • 辰年の恋愛傾向について
  • 辰年と相性が良いのは?

りりしいイメージのある辰年ですが、本音は違う場合も…。じっくり解説していきます!

辰年の性格について

辰年の相性とは?性格や人柄そして恋愛傾向辰年の性格には特徴的なものがいくつかあります。どのような性格なのかについて、ご紹介していきましょう。

発想豊かな性格

発想力に優れているのが辰年の特徴です。柔軟な考え方ができるので、常識にとらわれることがないでしょう。

つまりは、人が思いつかないようなアイデアを出すのを、とても得意としているのです。周りがアイデアを出せなくて困っている時に、サッと斬新な企画を出せるような辰年。

周りから見ると、理想的な仕事仲間だと言えるかもしれません。そして、頼られる場合も多いでしょう。

「○○さんに聞いてみれば、よい案を出してくれるはず」と思われるので、実際に人から相談される機会もあるのです。

才能豊か

どのような才能を持っているのかに気が付けば、これを伸ばしていくことができるでしょう。でも自分にとって、どれが自分の才能なのかが分からない場合もあるのです。

人から「それはとても素晴らしい才能だよ」と言われても、自分で納得できなければ才能とは認めることができないでしょう。

たまたま運がよかっただけ、タイミングによると思うような人もいるのです。才能があると自分で自負できるには、実力を多くの人から認められた時でしょう。

そして、自分にとって尊敬できる人物から褒められると、自分は才能があるとやっと理解をするようになるかもしれません。

辰年の恋愛傾向について

辰年の相性とは?性格や人柄そして恋愛傾向辰年にとっての恋愛は、他のものよりも大切ではない場合が多いです。つまりは恋人のために自分のペースを乱す可能性は少ないでしょう。そんな辰年の恋愛傾向について見ていきましょう。

熱しやすく冷めやすい

恋愛に対してあまり熱くなることが少ないのが、辰年の特徴なのです。このため、一時的には愛情を強く持ったとしても、相手の言動によりすぐに冷めてしまうケースもあるでしょう。

できれば愛情を長続きさせたいと、自分なりには思っているのですが恋愛よりも大切なものが多いので、冷めるのもとても早いのです。

つまりは恋愛をしていなくても、自分らしくいられると考えているのでしょう。もしくは恋愛をしない方が、とても気楽で自分らしさを保てると思っているのかもしれません。

熱くなりすぎるような恋愛は、自分にとって向かないと思い込んでいる辰年の人もいるでしょう。

本音と建て前を使い分ける

好きな人に対しても、すぐに本音を見せることはせずにしばらくは様子をみるようにするでしょう。

相手がどのような性格で、こちらとは相性がよいのかについても、じっくりとチェックをするのが辰年の人なのです。勢いだけで相手に対して、アプローチをすることはしないでしょう。

本音と建て前を上手く使い分けることができるので、相手は表面だけを見ると「○○さんから好かれている…」と勘違いをしてしまう場合もあるでしょう。でも本音としては、あまり好かれていないというケースもあるのです。

辰年と相性が良いのは?

辰年の相性とは?性格や人柄そして恋愛傾向辰年と相性が良い干支とは?そして相性が良い理由についても深く見ていきましょう。

子年は柔軟性がある

元々感情の起伏が激しいのが辰年です。周りはこの姿に対して気を遣う場合が多いでしょう。でも子年の人は、こういう辰年に対しても上手くやりとりができるのです。

辰年は夢を持ちやすいのですが、これに対しても楽しく聞いてあげることが出来るのが子年。辰年の人が子年の人に力添えをしてあげると、更に良い関係が築けるでしょう。

申年とは気持ちが通じやすい

辰年と申年は、気持ちが通じやすいので相性もとても良いです。厳格な辰年と決断の早い申年なので、タッグを組むととても良い結果を出すことができるでしょう。

他の干支の人と比べて、お互いにとても合うと感じる相性なのです。厳しいと人から思われがちな辰年ですが、申年から見ると尊敬をしやすいのでしょう。

申年は決断が早いのは良いのですが、これよりミスをしてしまう場面も。周りが厳しい目でみたとしても、その時に優しくできるのが辰年なのです。

まとめ

辰年の相性については、辰年の性格や人柄を理解することが必要になってきます。相性が良いかどうかは、一緒に過ごしているうちに見えてくる可能性もあるでしょう。

でもなかなか表面には自分の思いを出さない辰年ですから、それに対して「今、どのような気持ちなんだろう…」と考えてしまう場面もあるかもしれません。

このような時には、一人で悩みすぎてしまうと恋愛をしていくのが困難になってしまうのです。

できれば専門家の意見を聞くようにしたいですね。電話占いにて占い師に辰年との相性や接し方を聞くようにすれば、自分でも気づかなかった思いや今後の行動の仕方について知ることができる場合もあるのです。