巳年の相性と性格や恋愛の仕方について

巳年の相性と性格や恋愛の仕方について見ていこう!

評価:5

巳年の相性や性格、そして恋愛傾向の仕方にはどのようなものがあるのでしょうか。巳年は平成元年生まれ、平成13年生まれの人です。巳年と聞くとミステリアスなイメージを持つ人も。

では巳年の相性と性格、そして恋愛傾向についても占っていきましょう。

 

  • 巳年の性格について
  • 巳年の恋愛傾向について
  • 巳年と相性が良いのは?

考えていることが分かりにくい…と言われがちな巳年。中身について見ていきましょう!

巳年の性格について

巳年の相性と性格や恋愛の仕方について巳年の性格は現実主義で、あまり夢見がちではありません。だからこそ成し遂げられることもあるのです。巳年の性格について詳しく見ていきましょう。

計画的に行動できる

進めていかなければならない作業がある時、どうすればうまく進められるか考えずに行う人もいるもの。しかし巳年の人は基本的にそのようなことがなく、仕事に関するトラブルに出くわしにくいのが特徴でしょう。

 

観たいドラマや最近興味を持ち始めている物事などがあると、つい作業に手をつけず娯楽に逃げ込んでしまう人も多いですよね。

そういう中でも、一人で心細い状況であっても仕事を進めていき、常に安定したペースで作業できる巳年。周りから尊敬の念を持たれるケースも多いでしょう。

自己主張することが多い

目立ちたがり屋の巳年は、他人との会話の中で自己主張することが多いのです。仕事などで成果を収め周囲から認めてもらえたとしたら、とても嬉しい気持ちになれるはず。

巳年の人は堂々とした雰囲気があり自分を持っているように見えても、実は他人からの評価に左右されやすい特徴があるでしょう。

実際に才能がある人も多いといえますが、自慢話をした時に良い反応が得られないと、巳年の人本人が傷ついてしまう可能性もあるので気をつけたいですね。

巳年の恋愛傾向について

巳年の相性と性格や恋愛の仕方について巳年の恋愛傾向は、スリルのあるものを求めがちです。単純で簡単な恋愛よりも、一癖ある恋愛に興味を持ちやすいもの。

嫉妬深い

少し謎めいた雰囲気がある巳年は、恋愛の際には嫉妬深い一面を見せます。仕事の悩みも恋愛の悩みも一人で抱え込み、次第に想いを強めていく傾向も。

恋愛には安心感よりときめきを求めるタイプなので、嫉妬深い性格が原因で恋人との間にトラブルが起こったとしても、さほど後悔することはないかもしれません。

慎重に恋愛関係を長続きさせるより、短期間であっても情熱的な恋をしたいというのが、巳年の人の本音。20代などの若い年代であればあらゆる恋を経験するのも良いのですが、それ以降には落ち着いた恋愛にチャレンジしてみるのも良いといえるのです。

感受性が豊か

些細な出来事に対して、敏感に反応してしまうのが巳年の性格です。長い付き合いの恋人であれば、アクシデントのひとつや二つはどうしても出てきてしまいますよね。

言葉選びもかなり繊細な巳年は、相手の失言や無神経な行動なども根に持ち、何度も指摘してしまう可能性もあるでしょう。

巳年には焼きもちを焼きやすい面もありますが、その分愛情深いということ。この愛情を恋人がしっかりと受け止めてくれなかったとしたら、傷ついてしまうリスクも高いといえます。

巳年と相性が良いのは?

巳年の相性と性格や恋愛の仕方について巳年と相性が良い干支はなんでしょうか。なぜ相性が良いのかについてお伝えしていきますね。

丑年は楽しませてくれる

丑年は何に対しても好奇心旺盛な面があります。このため、情報通なので巳年は一緒にいて飽きることがないのでしょう。

基本的には巳年の人から話題を出さなくても、丑年の人から話題を出してくれるので、聞き役でいられるという点も、丑年との相性が良い理由なのです。

物事に対して興味津々な丑年の姿を見ているだけで、普段クールな巳年は刺激を受けることが多いでしょう。そして一緒にいてプラスになると感じるのです。

酉年は知的で魅力的

酉年は賢い人が多いので、同じように聡明な巳年とは分かり合える可能性が高いのです。そして意気投合をして、協力し合える関係だと言えるでしょう。

二人には話し合うことが、とても大切なのです。話さなくても分かるだろうと思ってしまうと、行き違いやすれ違いがあることも。

できるだけ話す機会を多く持つようにしましょう。そうすれば理解をし合えてお互いに持ちつ持たれつの関係を築くことができるのです。相手から話しかけてくるのを待つよりも、こちらから話題を出すようにしてみましょう。

まとめ

巳年の相性は、嫉妬心や独占欲から難しいと感じる人は多いでしょう。巳年に対してミステリアスな面を感じると、分かりにくい…と思ってしまう人も。

でも実際には愛情があるからこそ、嫉妬心が生まれるケースは多いのです。それについて、理解ができればよいのですが、耐えられなくなってしまう人もいるでしょう。

このような時に無理をして自分さえ我慢をすればよいと思うと、とても辛くなってしまうのです。話して分かることもあれば、難しい場合もあるでしょう。

相手に伝えたい内容があるとしても、その伝え方がとても重要なのです。これについては電話占いの占い師に相談をしてみると、とても素晴らしいアドバイスをもらえるはず。

今までの自分の恋愛について自信がないと思った時にも、電話占いの占い師を頼ってみると良いですね。