結婚できるおまじないを試して願いを叶えよう!

目をそらす女性の心理5選|目をそらす女性が出す脈ありサイン5つ

「女性が目をそらすのには、どういう意味がある?」

「目をそらされたのは、自分に気がない証拠?」

「目をそらす女性とうまくいくには?」

女性が会話中に目をそらす心理にはどのようなものがあるのでしょうか。

目をそらす方向も重要で、目を下にそらした場合は恥ずかしさや緊張感があらわれていると言われています。

好意を悟られたくない、恥ずかしいなど様々な心理がありますので気になる方はチェックしてみてくださいね。

今回は、目をそらす女性の心理5選|脈ありサイン5つについて、

 

  • 女性が目をそらす心理5選
  • 目をそらす女性が出す脈ありサイン5つ

の点から解説します。

女性のそらした目から読み取れるサイン、見逃さないで!

女性が目をそらす心理とは?5選

自分の好意を悟られたくないため

好きな人との会話中は目を見たくなりますよね。

好きな人と目が合ってしまったとき、自分の好意がばれたかもと思い、思わず目をそらしたという経験は多くの方が持っているでしょう。

自分の好意は悟られたくないけれどやはり目をチラチラ見てしまうという女性のかわいい心理が隠れています。

恥ずかしいと思っているため

好きな人との会話中は何となく恥ずかしいと感じがちです。

私も恥ずかしい気持ちから目を合わせられず目をそらしてしまうということがありました。

好きな人を意識すればするほど恥ずかしさを感じ、目を直視できないことはあるでしょう。

付き合いが浅く、あまり慣れていない関係ならなおさらですね。

緊張しているため

女性が会話中に目をそらす心理として緊張があります。

何とも思っていない男性となら普通に目を合わせて会話できますが、好きな男性が目の前にいると緊張して目をそらしてしまいますよね。

目をそらす方向が下だとより緊張、照れ隠しの傾向が強くなります。

初対面で一目惚れした場合などにもよく行いがちですよ。

目が合って驚いているため

目が合って驚いてしまい反射的に目をそらしたという経験のある方もいるでしょう。

私も好きな人と目を見て会話していたら突然目が合い、驚いて思わずそらしたということがよくありました。

驚くということは、意識はしていなくても相手に多少なりとも好意を持っている可能性が高いでしょう。

好意があると勘違いさせないため

会話中目をそらすというのは相手に好意があることが多いですが、それとは逆の心理もあります。

2人っきりで目を合わせて会話していると勘違いされそうという不安から、相手を避けようと目をそらすケースもあります。

その場合は2人だけの接触を最小限にとどめたいという心理が態度にも表れるでしょう。

目をそらす女性が出す脈ありサイン5つ

目をそらされるとショックを受けるという方もいますが、目をそらすという行為に脈ありサインが隠れているケースは多くあります。

目をそらした後の仕草や態度に注目することで、女性の本当の気持ちに気づくことができるでしょう。

脈ありサインを5つご紹介しますので見てみてくださいね。

目をそらしたあと髪を触る

リラックスしよう、気分を落ち着かせようと髪を触る癖のある女性は非常に多いです。

私も緊張しているときに無意識に髪を触るというのはよくあります。

目をそらした瞬間に髪を触る仕草を見せたら緊張している可能性が高いでしょう。

女性の仕草に注目すると脈ありサインに気づけますよ。

すぐにまた目が合う

女性は好きな男性との会話中、心の中では目を見ないようにしようと思っていてもどうしても見てしまうものです。

かっこいい、憧れるという心理からチラチラ見てしまうという経験は私もあります。

目が合ってそらすというのを何度も繰り返すようであれば、脈ありサインであること間違いなしでしょう。

不自然に明るく振る舞う

好意のある男性と目が合うと女性はテンションが上がりがちです。

2人っきりの会話中に目が合ってキュンキュンしたことのある方は多いでしょう。

うれしい気持ちを隠せない、動揺しているなど様々ですが、不自然に明るく振る舞うことがあります。

目が合って態度が変わったというのは脈ありかもしれません。

急に冷たくなる

目が合った瞬間急に冷たくなるというのはショックですが、好意を悟られたくないというサインかもしれません。

好意があるからこそ目が合ったことを意識してしまうのです。

そのとき冷たい態度になったとしても、脈ありなら関わりを持ちたいと思っているはず。

その後の態度にも注目です。

黙り込んでしまう

目が合った瞬間に黙り込んでしまうというのは女性が出す脈ありサインといえます。

私も好きな人との会話中に目が合い、緊張して頭が真っ白になり黙り込んでしまった経験があります。

相手のことを意識しているほど、恥ずかしさや緊張を感じ思わず言葉が出なくなってしまうでしょう。